※写真をクリックすると拡大します。

準備

過去最多80連が参加!完璧な準備で迎えたい

今年は過去最多となる80連、約6500人が参加予定ということで、例年にも増して一同大張り切り。心配は天候。昨年は台風接近でハラハラしたが、今年はどうだろう。局地豪雨が心配だが、できるだけのことをやるしかない。迷いを振り払い、協力し合って、準備はテキパキと進んだ。

片付け

本祭初日は雷雨で無念の撤収。2日目は笑顔で晴々と

願いむなしく。本祭初日は雷雨により史上初の中止となり、降りしきる雨の中無念の撤収を余儀なくされた。一夜明けて2日目、曇天ながらも天気は持ち、祭フィナーレまでやるきることができてほっとした。片付けの鉄則「祭りの前よりも美しく」を実践する表情に、安堵の笑顔が浮かんだ。

警備

今年もありがとう!警備は安心安全の要

「南越谷阿波踊りは、子どもからお年寄りまで、安心して楽しめる」――そんな伝統が、今年もしっかり守られた。大勢の警備の皆さんが、人混みはもとより、暗がりや、道の片隅にも気を配り、安心安全を力強く支えてくれたお陰だ。祭りの期間中、黄色のユニフォームは本当に頼りになった。